林氏国際医学留学株式会社

国立ワルシャワ医科大学

Play Video
Medical University of Warsaw

►ポーランド大学ランキング1位。医学教育経験200年以上。
►ポーランドの首都であるワルシャワに位置する大学です。
►1809まで辿る悠久なる歴史を持つポーランドトップの医科大学。
►1993年に英語プログラムを設立して以来、卒業生が800名以上いる。
►80を超える学部、5つのワルシャワ医科大学病院及び11の附属病院で行います。指導力を備えた教師が1700人以上 。

ワルシャワ

インスピレーションに溢れているワルシャワは、生活・勉強において最適な町です。また、ヨーロッパの科学・文化・政治・経済の中心地でもあり、他の都市よりも高い経済力があります。科学研究においても高いポテンシャルを持っている都市です。このワルシャワという密度の高い商業・教育・研究の中心地は、今も昔も常に発展し続けています。また、学問においても非常ににぎわっており、27万名以上の学生(約6000名が海外留学生)が80所以上の高等教育機関で勉学に励んでいます。ワルシャワの大学はヨーロッパでだけではなく、世界でも知名度が非常に高いです。

ポーランドの街並み

学校概要

学生数 8600 名
医学部学生数 3000 名
英語プログラム学生数 2100 名
1809年 学校設立 
1950年 医学部設立
1993年 海外留学生向けの医学部英語プログラム設立
2012年 歯学部英語プログラムを設立
2017~2018年 薬学部英語プログラムを設立

6年制医学部

高校卒業者であり、生物・化学・物理を1学年ずつ履修完了すれば申請できます。

2学期制

冬学期:10月1日から翌年1月まで。
夏学期:2月中旬から6月末まで。間に1週間のイースター休暇を挟みます。
テスト期間は6月で、再テスト期間は9月になります。

学歴認証

ワルシャワ医科大学の卒業生は、現代医学に必要とされる論理知識と実務経験を持ち、その学歴は多くの国に認められています。

国際の承認

アメリカ教育省(U.S. Department of Education)
カリフォルニア州医学委員会(The Medical Board of California)
ポーランド認証委員会(Polish Accreditation Committee)
ポーランド大学認証委員会(Accreditation Committee for Polish Universities)

入試日程

4月にアジアで筆記試験を行います。

入学試験

【書類審査】出願書類に基づき、審査を行います。
【筆記試験】生物35問・化学35問・物理30問(英語で出題されます)の選択式(MCQ)問題。

学校風景

« 1 of 2 »

カリキュラム

基礎医学

【第1学年】解剖学、組織学と胎生学、労働安全、生物物理学、臨床情報学と生物統計学、医学史、医学ラテン語、ポーランド語入門、分子生物学概要、薬物中毒、図書館トレーニング、体育、職業訓練、公衆衛生、選択科目
【第2学年】生物物理学と化学元素、細胞生理学、病理生理学、免疫学、衛生と疫学、医学ポーランド語、医療倫理と哲学、遺伝医学、応急処置と看護、職業訓練、医療コミュニケーション学概要、選択科目
【第3学年】臨床遺伝学、微生物学、寄生虫学、病理形態学、診断学、画像診断、ポーランド語医療コミュニケーション、内科、医療心理学と社会学、薬理学と毒物学、小児科、外科、核医学、口腔医学入門、災害医療、職業訓練、選択科目

臨床医学

【第4学年】皮膚病学、感染性疾患、泌尿器学、喉頭病学、臨床薬理学、小児画像診断、一般外科、小児外科、血液学、心臓病学、呼吸器医学、リウマチ科、臨床免疫学、家庭医学と老人病学要素、内分泌学、胃腸病学、呼吸病学、精神病学、小児精神医学、顎顔面外科、職業訓練、選択科目
【第5学年】麻酔学と集中治療、神経学、腫瘍学と放射線治療、整形外科と外傷学、法医学と法律、眼科学、糖尿病学、内分泌学、腎臓病学、消化器病学、脳神経外科、腫瘍学と血液学、産婦人科と内分泌学、一般外科、知的財産権、リハビリテーション、職業訓練、選択科目
【第6学年】心臓病学、呼吸器病学、内分泌学、糖尿病学、腎臓病学、感染症、外科、産婦人科、精神医学、応急処置、家庭医学、選択科目

新入生トレーニング

ワルシャワ学生寮

学生寮にはシャワー、トイレ、洗面台、ベッド、クローゼット、机、Wi-Fや各階にキッチン(電子レンジ、コンロ、オーブン、流し台)共同スペースとしてバー、ジム、パソコン室、リビング、卓球台もあります。
費用:一人部屋(一学期)5,500.00ズロチ 二人部屋(一学期)3,245.00ズロチ

学生寮写真